2018年7月2日月曜日

【熱中症環境保険マニュアル2018】マニュアルを参考に、体調管理に気をつけてください。

非常に高温な日々が続いています。熱中症への予防対応訴えるアナウンスを多く聞いていると思いますが、最も効率的な日常生活における熱中症予防についてまとめてみます。



□熱中症とは何か
熱中症は、体温を平熱に保つために汗をかき、体内の水分や塩分の減少や血液の流れが滞る等で体温が上昇し、重要な臓器が高温にさらされた結果発症する障害の総称です。

死に至る可能性がある状態ですが、予防法を知って実践すれば防ぐことができます。

また応急処置をしていれば、重症化を回避し後遺症を軽減できます。


□熱中症の症状熱中症の症状と重症度分類(日本救急医学会分類2015より)

  • 1度→めまい、失神、筋肉痛、筋肉の硬直、手足のしびれ、気分の不快
  • 2度→頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感
  • 3度→ 2度の症状に加え、意識障害、痙攣、手足の運動障害、後体温、肝機能異常、腎機能障害、血液凝固障害(これらは医療機関での採血により判明)
軽いめまいを感じたら、もうそれは熱中症症状の始まりです。早いうちに対策をしなければいけません。

□日常生活の注意事項
  1. 暑さを避ける→行動の工夫、住まいの工夫、衣服の工夫
  2. こまめに水分を補給する。(水分だけではなく、ナトリウムも必要)
  3. 急に暑くなる日に注意する。
  4. 暑さに備えた体力づくり。
  5. 各人の体力や体調を考慮する。
  6. 集団活動の場ではお互いに配慮する。
(熱中症環境保険マニュアル2018)


今年、異常気象により1ヶ月早い梅雨明けとなっています、気象庁は、今年の夏(6から8月)の3カ月予報で、特に関東で例年以上に気温が高く、降水量が少ない確率が高いと予測しています。上記のマニュアルを参考に、体調管理に気をつけてください。



あ、それと玉村の福島屋にあるかき氷はマストです。

福島屋 HP

(お店に行った際には、堀越けいにんさんのブログを見てきました。とお伝えください。特に何もありません。)

よろしくお願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿