2018年6月23日土曜日

【発電コスト試算で見えてきた事】発電コストはLNG火力の方が原子力より安いことが明らかになりました。


原子力発電について、注目すべき試算があります。
先日立憲民主党つながる本部にてヒアリングさせていただいたNPO法人、原子力資料情報室からの試算。

16年時点の石炭やLNG (液化天然ガス)の価格を用い、福島原発事故の処理費用の増額分野、原発の追加安全対策費用等を勘案して発電種別ごとに発電コストを試算したものです。
結果、

1キロワット時当たりの単価が、
  • 原子力→ 10.54から15.14円
  • 石炭火力→ 11.35円
  • LNG火力→ 8.58円

となっていました。




つまり、発電コストはLNG火力の方が原子力より安いことが明らかになりました。

10余年の燃料化学を用いた経済産業省の試算の単価は、
  • 原子力→ 10.1円から
  • 石炭火力→ 12.3円
  • LNG火力→ 13.7円

でした。




つまり原子力の方がLNG火力より安いと言う試算でありましたがこれが16年時点で逆転したと言うことです。
現在、経産省はエネルギー基本計画の見直し議論を進めておりますが発電コストの再試算は実施されていません。
政策の前提となる数字の検証が不十分なままあるべき姿が語られているのは非常に危ういことであると言うことです。



エネルギー政策を、環境の問題、経済の問題として真っ向から原発そのものを議論していく必要があります。

(桐生での街宣。これからも辻々に立ちます!)




2018年6月22日金曜日

【伊勢崎市、桐生市、みどり市、笠懸】ポスターを張らせていただけるところを探しています!


本日はソロ街頭宣伝、朝辻立ちからスタートしました。
今、ポスターを張っていただけるところを探しています。
(伊勢崎市、桐生市、みどり市、笠懸)

畑に立てて良いよーとか、
うちの塀に貼って良いよーなど有りましたらばご連絡下さい‼︎

大きな通りでなく小さい通りでも良いんです。
細かく貼って行きたいので!

是非ご連絡下さいませ!


2018年6月21日木曜日

【想い】立憲民主党で若手として、「あてに」して頂いて。【決意】

立憲民主党は若手を前に出してくれるし、さらに「あてに」してくれるので本当に勉強させてもらっています。


ありがたいです。が、同時に自分の至らない点に関しても知ることができる。

これも同様にありがたいことです。
驕らず、謙虚に。
身の丈を知る機会をいただけることに感謝。



2018年6月20日水曜日

【檻の中のライオン】「ところで憲法ってナンだっけ? 今一番わかりやすい憲法のお話」【紹介】

持続可能な社会を目指す、かたつむりの会主催で憲法の勉強会があります。


是非是非お気軽にご参加くださいませ。

詳細は写真をご覧くださいませ。



2018年6月19日火曜日

上関と環境と、「原発新規立地計画中止」を。

現在、「奇跡の海を守り、自然と主に生きる持続可能な町作りを目指して〜上関原発新規立中止を求める要望書〜」に参加。


上関の自然を守るキャンペーンの取り組み(ラッシュジャパン 取締役 生沼氏)を伺っています。
#savekaminoseki #LUSH



続いてPatagonia の上関での取り組み「人と自然の出会いの場〜体験型宿泊研修施設「マルゴト」完成」を聞いています。
猛烈に上関に行きたくなっています。

「原発新規立地計画中止」





大阪北部地震に関して。

6/18(月曜日)朝の辻立ち、街頭宣伝からスタート。
その最中に地震が発生した、という知らせを受けました。


被害状況を確認し、初動対応が円滑に行われている事に安堵するとともに、やはり尊い命が奪われてしまった事、本当に残念でなりません。

また同じ様な規模の地震が発生する可能性もある様です。
一人一人が防災への意識を常に持ち、災害対策に向き合って行きましょう。



2018年6月17日日曜日

明日も頑張ります! 父の日のプレゼントを三女から頂きました。

現在、三郷。帰宅中。



明日は朝の辻立ち、街宣から。
明日も頑張りますー!

今日は父の日って事で三女からプレゼントの絵を頂きました。



【座談会・トークセッション】皆さんありがとうございます!

本日は群馬伊勢崎にて座談会


地元ママさんの呼びかけで若い皆さんのご参加いただきました。
ありがたいなぁ。


その後、青山大人衆議院議員とのトークセッションへ


素敵な出会いもあり有意義な時間となりました。
青山代議士へのリスペクトを深めました。
素晴らしい。

皆さんありがとうございます。

【恩恵の格差は4倍以上】幼児保育無償化で負担軽減額を試算した結果

政府の「人生100年時代構想会議」は13日に「人づくり革命」の基本構想を取りまとめました。


政策の柱となる幼児教育、保育の無償化について子供一人当たりの恩恵を試算したところ、高所得世帯の負担軽減額が低所得世帯の約5倍に上ることがわかりました。

資産は、みずほ証券の末広シニアマーケットエコノミストによるもので、無償化による年収別の一人当たりの負担軽減額は、


  • 住民税非課税世帯が→約65,000円
  • 年収645万円以上の世帯→約309,000円


となっておりその差は4.7倍だったというもの。



現行の認可保育施設の保育料は、所得に応じて認定されています。

例えば低所得世帯ほど保育料低く、生活保護世帯は無料になります。
逆に、高所得世帯ほど高いわけですが、無償化されると高所得世帯ほど払わなくても良い金額が大きくなるため、必然的により多くの恩恵を受けることになります。

無償化は予算全体から見ると総額8,000億円とした場合、

低所得の非課税世帯に使われるのは→約290億円。
これに対して
年収8,500,000円以上の世帯には→約1,290億円が使われることになります。
おおよそ、4.5倍。


  • 人口比率で見ると、非課税世帯→約13.7%
  • 年収8,500,000円以上世帯→約11.5%


となります。



やはりこの8,000億円もの予算の使い方私は間違ってると思います。

先日も投稿しましたが、そもそも幼児教育無償化を進めるより、いま保育園に入れなくて困っている人たちがたくさんいる現場に鑑みて、まずは入れなくて困っている人たちが保育園に入れるようにすると言う事、保育士不足の要因でもある、保育士処遇の改善が最重要課題であると考えています。
そして幼児教育の無償化に関しては、低所得世帯の方々から行うことが重要だと考えます。

そして、昨今問題になっております児童虐待に関しては、児童相談所の職員の数や質の強化、連携体制強化等に予算を当てるべきであると考えます。

調べれば調べるほど、お金の使い方、お金の集め方変えなければならない点が多々見受けられます。


(今日の梅さん)



【カジノ法案・強行採決】「これを横暴と言わずしてなんと言うのか。」

先日、委員会にて強行採決されたカジノ法案。

毎日の記事に写真が……


「採決」という形が全く取れていない状況であり、速記も何1つ残っておらず。

これを横暴と言わずしてなんと言うのか。